日本肝癌研究会のトップページ
 トップページへ

 日本肝癌研究会について
概要
日本肝癌研究会会則 (PDF)
社員名簿
施設会員一覧
発行書籍
日本肝癌研究会の追跡調査による論文

 研究会のご案内
研究会のご案内
過去の研究会

 入会のご案内
新規登録
登録事項の変更

全国原発性肝癌追跡調査について


 肝癌に関する一般知識
肝細胞がんについて
肝癌診療ガイドライン
肝細胞がん予後予測自動計算法

エタノール注入療法における無水エタノールについて

ラジオ波焼却法(RFA)に際して使用する電気手術器の「使用上の注意」の改訂等について (PDF)

お問い合わせ



■ 日本肝癌研究会の概要

目 的
本会は肝腫瘍に関する研究ならびに診療の進歩・普及を図ることを目的とする。
構 成
 
組 織:  代表理事1名、副代表理事1名、
  年次会長1名、 年次副会長1名、
  理事 9名、社員94名、 監事 2名
   
会 員:  特別会員 50名、 施設会員 392施設、
  個人会員 1,882名

(令和3年4月1日現在)

事 業
1) 学術集会(年1回)
2) 協力施設からの新規登録患者の疫学的、診断・治療学的解析
3) 予後調査と生存率の算出
2)、3)については2年に一度、報告書を刊行
4) 肝癌取扱い規約の作成・改訂
5) 治療効果判定基準の作成・改訂
6) その他